経団連が就職活動の採用面接解禁時期を6月へ前倒し

「面接」前倒し 猫の目解禁、怒る就活生 「負担増す」「予定を見直さないと」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151110-00000094-san-life
経団連が就活スケジュールで採用面接の解禁時期を6月へと前倒しする事を発表しました。
あぁ、やっぱりと言う感じで企業側からは特に不満は聞かれませんでしたが、就職活動をしている学生や大学側では怒っている方もいるのだとか・・・
以前にも書きましたが、やはり何処からかクレームが付きます。今度は留学生や理系の学生達に影響があるとか無いとか。
そして、一番問題なのは選考開始時期を守らない企業があること。と述べていますが、国内企業全てが経団連に属している訳では有りませんので、それはちょっと無理な相談。わざわざ経団連を抜ける企業もある程ですから。
更に言うと、急なスケジュール変更は社会に出れば幾らでも有ります。朝令暮改などは私も味わった経験が多くあります。
確かに腹立つ時も有りましたが、予定は未定であり、クライアントなど相手がいるスケジュールの場合は、こういった急なスケジュール変更は必ず有りますので、今回の事は良い経験と捉えた方が良いでしょう。スケジュール調整も仕事の内です。
クレームが多過ぎて、来年も就活スケジュールが変わったりして。

タイトルとURLをコピーしました