第一生命保険が契約社員を無期雇用へ切替、待遇も改善

第一生命、契約社員3000人を無期雇用 福利厚生も正規並みに
http://www.sankei.com/economy/news/151010/ecn1510100018-n1.html
第一生命保険が契約社員3000人を無期雇用契約へと切り替えるそうです。
対象となるのは平成29年4月時点で勤続5年以上、平成30年4月から無期雇用契約となる予定との事。対象には短時間勤務の契約社員も含むとなっている。
その他に福利厚生など待遇面も改善するとなっており、持株会、社内医療保険や団体傷害保険にも加入でき、再雇用も65歳迄働けるとなっています。
月給の昇給上限を約7割引き上げや、別途手当、有給休暇期間延長なども予定がされています。
第一生命に限らず各社とも今後人手不足が深刻化するおそれが有りますので、こういった待遇改善での人材確保の報道が多くなっています。
これ迄が酷かった部分も有りますが、こういった待遇改善の傾向は良いですね。