厚労省が既卒3年以内の若者雇用で助成金、新卒扱い拡充が狙い

若者正規採用で1人数十万円助成 企業に、大卒3年内
厚生労働省は22日、大学や大学院を卒業した後も就職できず、職探しをしている若者を支援するため、正社員として採用した企業への助成金制度を設ける方針を固めた。卒業後3年以内の若者が対象で、1人当たり数十万円を支給する方向だ。2016年度実施を目指す。
http://news.livedoor.com/article/detail/10499463/

新卒就職率が70%を超えていますが、少し前までは就職氷河期と呼ばれていましたよね。
新卒採用が大幅に拡大したのもここ数年の話で、現在第2新卒の方などは未だに就職できずに職探しをしている方も多いそうです。
そういった既卒3年以内の若者採用企業を対象とした助成金制度を厚生労働省が設置する方針。
助成金は1人数十万円を企業側へ支給、早ければ2016年度から実施となる予定。
狙いとしては、既卒3年以内の若者を新卒扱いとして企業側へ採用拡充して欲しい様子。

タイトルとURLをコピーしました