40代中途採用が増加、ゆとりと氷河期で転職限界年齢も崩壊

中途採用で40代の人材確保を増やし新卒採用を削減

人材サービス会社の発表によると、中途採用による人材確保が増加しています。

来年度の中途採用予定も微増となっており、中途採用を絶対にしないと答えた企業も減っています。

これまでに何度も新卒採用だけの会社はマズい事になると書いていますが、ようやく気付いた様です。

中途採用の年齢層も30代が最も多く、40代を採用する企業も多くなっています

一方の新卒採用ですが、こちらは採用人数を減らす企業や新卒採用自体を中止する企業も出てきていますが、逆に地方の企業は地元就職を中心に新卒採用人数を拡大しています。

ここ最近、確かに新卒採用中心で中途採用を行なってこなかった大手企業の求人が多くなっています。

年齢不問とする企業や年齢制限を記載せずに条件に合致すれば年齢不問なども多くなってきています。

しかし、一方で未経験者歓迎の求人も相変わらず多く、これら中途採用の求人が増えた理由は人材不足と人手不足です。

提案力や発想力、開発力や技術力の低下が方々から聞こえ始めており、単純に人手不足だけの問題ではなくなっており、以前書いた通り人材不足の面もあります。

40代以上は人口が多い世代ですので未経験歓迎で人手不足の部分を充足できますし、経験者であれば人材不足も補う事が出来ます。

氷河期世代限定の求人も自治体や中央省庁で始まっており、40代の人材争奪戦が始まっているとも考えて良いでしょう。

団体職員や大学職員への転職に関しては、『団体職員・大学職員の中途採用求人情報』を参考にして下さい。

40代の中途採用が20代と同じ割合に、年齢不問求人も増える

大手転職サービスの調査によると、40代正社員の中途採用割合が20代正社員の割合と殆ど同じになっている結果が公表されています。

最も中途採用が多い年代は30代となっており、こちらも同様に20代正社員の中途採用よりも多い結果になっています。

40代を採用した理由としては「経験」が多く、年齢は無関係や専門性が高い、定着が期待できるなどが続いていますが、その次にはモラルや責任感が高いと言う採用理由となっています。

若い人が採用できないと言う理由は中小企業でもそれ程多くなく、40代の中途採用にはポジティブな理由が多いです。

ゆとり世代は就活やり直したい転職志向

ゆとり世代の正社員を対象とした若手社会人就労意識ギャップ調査を行った結果、48.7%が就職活動をやり直したいと考えており、転職志向が拡大しています。

ゆとり世代の転職意欲は非常に高く、定年退職まで現在の企業で働きたい人は僅か27.1%。

転職できるだけの実力がつくまでが25.4%、次の就職先が見つかるまでが25%、結婚あるいは出産するまでが20.2%、好条件のスカウトが来るまで、組織風土・経営方針に共感できる限り、起業できる実力がつく迄と続いて、すぐにでも辞めたいが6.3%となっています。

ゆとり世代の72.9%は転職前提に働いている状況となっています。

ゆとり世代で既に転職をした経験がある人は27.1%、転職経験は無いが何れ転職したい人は39.5%と転職良く意欲が高い傾向です。

ゆとり世代と氷河期世代の評価

ゆとり世代に限らず、同じ職種で同じ仕事なのに何故この会社は年収が低いのか?疑問に感じた事は有ると思います。

ゆとり世代が転職の際に重視するポイントは給与・福利厚生が最も多くなっており、待遇に不満がある事が分かります。

ゆとり世代と就職氷河期世代は、評価基準が理不尽に低いので不満に思う方が多いのでしょう。

年収が高い会社の求人は、『高年収・高収入の中途採用求人情報』を見て下さい。

転職者の平均年齢が若くなる

民間の転職サービス会社によると、転職者の平均年齢が31.8歳となったそうです。

前述の通り40代の中途採用が増加していましたので転職者の平均年齢も急上昇していましたが、ゆとり世代を中心に20代や30代の転職が当たり前となりましたので僅か0.2歳ですが5年ぶりに若くなっており、転職者の平均年齢の上昇も一段落と言った感じですね。

転職者の平均年齢が若くなったとは言え『35歳転職限界説』も完全に崩壊している事は分かると思います。

早期希望退職や定年退職年齢の引き上げ、30代や40代の中途採用が増えたり、残業や有給など数年で労働環境は大きく変わりましたが、逆に全く変わっていない会社は転職を検討した方が良いでしょう。

それは安定ではなく現状維持なだけで、多分今後も一切変わらないでしょう。

ゆとり世代と氷河期世代は転職エージェントを利用する

ゆとり世代と氷河期世代の特徴は転職エージェントを先ず利用する事でしょう。

前述の通り、ゆとり世代と氷河期世代の評価は理不尽に低い訳ですから、先ず自分の転職市場での価値と給与相場を調べる必要が出てきます。

なぜ転職エージェントで査定するかと言うと、転職エージェントを利用せずにそのまま転職すると確実に現状維持の年収を提示されるからです。

給与が低いから転職したのに給与が上がらない事は転職失敗を意味しますから、ゆとり世代と氷河期世代は転職エージェントを利用するのです。

そのまま転職エージェントから紹介された求人に応募しても良いし、他の転職サイトから求人を選んで応募しても良いですし、先ず自身の転職市場価値と年収査定をする事が30代や40代の転職成功に繋がるでしょう。

転職をしたい方は、『転職に役立つおすすめ転職サイトと転職エージェントの比較と評判』を参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました