クアルコム、HTC、レノボが各々数千から数万人規模リストラの可能性

レノボ携帯事業赤字で3200人リストラ
レノボグループは2015~2016年度第1四半期の決算報告とともに、携帯のデザイン、研究開発、製造部門をモトローラに移管し、世界で従業員3200人を削減する計画を発表した。全社の5%、非製造部門では10%が対象となる。8月14日、手機中国が伝えた。
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/426352/

スマートフォン関連の携帯事業ですが、徐々に頭打ちの感じとなってきていますね。
日本国内企業はご存知の通りですが、海外企業も方向性の転換を余儀無くされています。
アメリカ半導体大手であるクアルコムは、4700人程度となるリストラを検討中。クアルコムが発表した先日の決算では純利益47%減となっており、厳しい状況となっています。
台湾のスマートフォン大手HTCは、1万5000人規模のリストラを予定しています。HTCの先日の決算発表では売上高49%減となっており、やはり厳しい状態。
PC大手のレノボは、3200人程度となるリストラを発表しています。レノボも決算発表で営業利益50%以上減となっており、事業の転換を迫られています。
この他に韓国のLGやSAMSUNGと言ったスマートフォン関連会社は厳しい状況へとなってきていますね。
これらは殆どがAndroidですので、いかにAppleのiPhoneが市場を握っているのかが良く分かります。

タイトルとURLをコピーしました