厚労省が非正規から正社員登用のキャリアアップ助成金拡充、東京都も独自に正社員化を支援

半年以上勤務した派遣社員やアルバイト・パートなどの非正規社員を正社員登用する企業への助成金制度が拡充される様です。
厚生労働省では2013年度からキャリアアップ助成金制度を開始しており、6つの助成金コースが用意されています。
正規雇用等転換コース、人材育成コース、処遇改善コース、健康管理コース、多様な正社員コース、短時間労働者の週所定労働時間延長コースの6コース。
この中の正規雇用等転換コースでは当初、正社員登用1人あたり中小企業で最大40万円、大企業で30万円を助成、その後2014年3月以降は中小企業で50万円、大企業で40万円に助成金を拡充していますが、今後は更なる増額を検討する様です。各年度15名迄の人数も増枠の方向で検討しているとの事です。
更に東京都が独自に正社員登用への支援策を創設し、非正規社員を正社員登用する際には国の助成金と同額の助成金を上乗せし、35歳未満の若者を正社員登用した中小企業には追加で15万円の奨励金制度も創設する予定となっています。
一応東京都では来年度から3年で計15000人の正社員登用を目標としていますので、東京都の企業では正社員登用が更に活発化する可能性が出てきましたね。

タイトルとURLをコピーしました