マイクロソフトが7800人の追加リストラを発表、モバイルハードウェアからソフトウェアへ

マイクロソフトが7800人削減、ノキア事業で76億ドル評価損計上へ
[8日 ロイター] – 米マイクロソフトは8日、7800人を削減するとともに、2014年に買収したノキアの携帯端末事業に絡み約76億ドルの評価損を計上すると明らかにした。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0PI1O320150708

以前から大規模なリストラを行っているアメリカ・マイクロソフトですが、新たに7800人の追加リストラを行う事が発表されました。
ノキア事業が完全に終了しそうな感じですが、モバイルのハードウェア部門でのリストラが大部分を占めており、今後はソフトウェアへ注力する戦略と思われる。
Windows10やWindowsPhoneなどは日本でも展開する予定となっており、今後も話題は提供してくれそうな感じは有りますね。

タイトルとURLをコピーしました