トヨタ自動車が配偶者手当を廃止し子ども手当を増額する家族手当見直しを検討

トヨタが家族手当を見直しへ 配偶者=廃止、子供=4倍増に
トヨタ自動車が「家族手当」を見直し、月約2万円の配偶者への手当てを廃止する一方、子ども1人あたりの手当てを現在の約4倍の2万円に増額する方向で労働組合と協議していることが7日、わかった。会社側は来年以降、段階的に実施したい考え。子育て支援や女性の就業促進に力を入れる政府と足並みをそろえる格好だ。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150707/bsa1507071137004-n1.htm

トヨタ自動車が家族手当に関する見直し案を検討しているそうです。
これ迄は配偶者が無職・年収103万円以下であった場合に配偶者手当が月額1万9500円となっていましたが、この配偶者手当を廃止。その代わり子供手当を現在の子供1人月5000円から約4倍となる2万円程へ増額する方針となっています。
労組との協議にもよるが、早ければ来年1月から導入し、2019年には完全に移行する予定となっています。
配偶者手当を0円にする事で子育て支援と女性の就労を狙う考えらしいですが、これは多分トヨタ自動車には子供が居る社員が多いのでしょう。
トヨタ自動車では、今回の家族手当見直しの他にも幾つか賃金制度の見直しを行っており、人材に関しての長期的な戦略と見られる。

タイトルとURLをコピーしました