旅行・サービス業界ウハウハ?訪日外国人増しで旅行収支が55年ぶり黒字

ここの処、訪日外国人や外国人観光客の増加が顕著となっていますが、旅行・サービス業界で働いている方は目に見えて分かっていると思います。
そんな中、財務省が発表した2014年度国際収支統計で旅行収支が2099億円の黒字となっています。これは海外へ行く日本人よりも、日本へ来る外国人の方が多いと言う事です。
訪日消費が原動力に 旅行収支55年ぶり黒字
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H45_T10C15A5EA2000/
この旅行収支が黒字化した事は何と55年ぶりの事、2013年度が5304億円の赤字で有る事も含めて急激に訪日外国人が増加しているのかが分かります。
前回黒字となった1959年度は訪日外国人数が18.2万人、ドル円為替レートは大体1ドル359円の高度経済成長期。2014年は訪日外国人数は1300万人以上、ドル円為替レートは大体1ドル105円辺り。
どの地域でも訪日外国人は増加しており消費額も増加していますが、甲信越と九州は既に鈍化している様にも見える。
こういった状況も有り、観光庁ではビッグデータを活用した訪日外国人旅行者の行動、ニーズの調査を開始しています。興味の有る方は見てみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました