第一生命保険、日本生命保険、住友生命保険、明治安田生命保険の春闘回答は一時金増額で妥結、損害保険ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険はベースアップ検討

明治安田、一時金7%上げへ
 明治安田生命保険は、内勤職員、契約社員の一時金を約7%引き上げることを18日、労働組合に伝えた。年収ベースでは2%以上のアップとなる。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031800786

各大手生命保険会社の2015年春闘回答は一時金増額で妥結となりました。
一時金増額の割合は、明治安田生命保険が7%、第一生命保険が4%、日本生命保険と住友生命保険が3%となっており、年収ベースでは1から2%程度の賃上げとなる。明治安田と住友生命は契約社員も対象。
この他に、T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険が平均5%の賃上げ、富国生命保険もベア実施となっています。
損保大手3社では、損害保険ジャパン日本興亜がベア実施予定、東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険もベア実施で調整中。
生保と損保業界では実現すれば、かなり久々のベースアップとなります。

タイトルとURLをコピーしました