セブン&アイ・ホールディングスとセブン‐イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂はベア実施、ファミリーマートとローソンはベースアップ見送りの春闘回答

セブン&アイ、HD社員はベア3000円と定昇5000円
 セブン&アイ・ホールディングスは19日、持ち株会社単体の社員455人を対象に、月額平均約3000円のベースアップ(ベア)と、約5000円の定期昇給を行うことを明らかにした。賃上げ幅は計8000円となる。ベアは3年連続。持ち株会社には労働組合がなく、経営側が決定した。
http://www.sankei.com/economy/news/150319/ecn1503190024-n1.html

セブン&アイ・ホールディングスが春闘でベースアップ月額3000円程度を実施するそうです。
セブン&アイには労組が無いので経営陣が決定しており、月3000円、定期昇給分と合わせて8000円程度の賃上げとなります。
同じく労組が無いセブン&アイ傘下セブンイレブンジャパンですが、こちらも同じくベア実施。過去最高水準の賃上げとなる予定。
同じくセブン&アイ傘下のイトーヨーカ堂は労組との交渉結果、月額平均928円のベア実施で妥結。定期昇給4272円で、合わせて5200円の賃上げとなります。
一方、ユニーグループ・ホールディングスとの経営統合が発表されたファミリーマートですが、春闘回答ではベア見送りとなりました。
更にコンビニ大手のローソンですが、ローソンも春闘回答はベア見送りとなりました。
両者ともベア見送りですが、特別手当は維持するそうです。
業績もベアもセブンイレブンと、その他大勢になっているコンビニ業界ですが、より鮮明となってきましたね。

タイトルとURLをコピーしました