経団連・榊原定征会長が韓国の全経連との定期懇談会を7年ぶりに再開へ

経団連 韓国の経済団体と懇談会再開へ
日本と韓国の関係が冷え込むなか、経団連は、韓国の経済団体との定期的な懇談会を7年ぶりに再開することを決め、経済分野での連携を深めることで日韓の関係改善を目指すことになりました。
(略)
これに関連するインタビューの内容は、インターネット上のNHK国際放送の英語サイト「NHKワールドオンライン」に掲載しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141020/t10015523941000.html

経団連が韓国経済団体である全経連との定期懇談会を、7年ぶりに再開する方針である事を榊原定征会長が発表しています。
米倉弘昌前会長は中国でしたが、榊原定征会長は韓国ですか。
日本、中国、韓国によるFTA=自由貿易協定の交渉加速となっていますが、その他に韓国がTPP(=環太平洋経済連携協定)の交渉参加を各国と協議とある。
経団連会長、アジア成長“日韓協力が必要”
http://www.news24.jp/articles/2014/09/19/06259496.html
あら?いつの間にTPP加盟方針になったのだろう…相当厳しい状況なのだろうか。

タイトルとURLをコピーしました