企業が支援する資格、評価・給与が上がる資格

履歴書や職務経歴書にみっちりと書き込む程の資格を取得している方は殆ど見かけませんが、皆さんは幾つくらい資格を取得していますか?
定番として普通自動車免許、学生時代に取得した英検3級、MicrosoftのMOUS(MOS)などは良く見ます。大体3、4個位の資格を取得している方が多い印象です。
上記の資格だと、【要普免】【日常レベル英語力】【PC基本スキル】と言った応募資格を満たします。合否への影響は少ないですが、有資格者前提ですので取得しておいて無駄ではなかったと思った方もいるでしょう。
こういった様に入社前に資格を取得していると、意外と良い事があったりします。
では、入社後に資格を取得する事に意味はあるのでしょうか?
プレジデントで特集を組んでいる様ですので見てみましょう。
【社員の資格取得】なぜ、丸紅や帝人は奨励し、サイバーエージェントは奨励しないのか
http://president.jp/articles/-/13358
アンケートに答えてくれた企業は54社と非常に少ないですが、皆さんが好きそうな企業は大体返答してくれた様ですよ。

資格取得を推進している企業と奨励していない企業は?

丸紅/帝人/大和ハウス工業/三菱東京UFJ銀行/ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社/ミツバ/三井住友海上火災/キリン/パナソニック/オリックス/双日/富士ゼロックス/三菱重工業/サイバーエージェント/積水ハウス/トヨタ自動車/ブリヂストン/NEC/カルビー/ぐるなび/アサヒグループホールディングス/ユニ・チャーム/ローソン/住友電気工業/新栄不動産ビジネス/三井住友銀行/川崎重工業/キヤノン電子/ニトリホールディングス/クレディセゾン/クラシエホールディングス/ダイキン工業/デンソー/マツダ/サントリーホールディングス/ヤマトホールディングス/京セラ/京王プラザホテル/みずほフィナンシャルグループ/このほか、食品、生保、精密、鉄道、ホテルチェーン、化学、電機、不動産、機械など15社。
まず、これら企業の87%が社員の資格取得を奨励しているとの事。
資格取得を奨励していないと答えた残り13%は富士ゼロックスやサイバーエージェントなどの7社だそうです。
次に、社員の資格取得に際して何かしら支援制度の有り無しは、有り47社、無し7社。
殆どの企業が社員の資格取得を奨励し支援もしています。
面白いのが、資格取得を奨励して支援はしない企業が1社、逆に資格取得を奨励しないが支援はする企業が1社ある部分。これは社名を出さない方が良さそうですね・・・
査定に追い風! 赤丸急上昇「鉄板&意外な資格」2014秋
http://president.jp/articles/-/13366
次に、どういった形で資格取得を支援してくれるかが掲載されています。
・イントラネットや社内報で資格についての情報(試験日など)を掲載
帝人、パナソニック、三菱重工、三井住友海上火災保険など24社
・社員の通信教育の費用、受験費用を会社が負担(一部または全部)
オリックス、丸紅、双日、キリンなど40社
・合格時に奨励金を支給
大和ハウス工業、帝人、三菱UFJ銀行、ミツバ、オリックスなど18社
・資格給(あるいは資格手当)がつく
新栄不動産ビジネスなど3社
最も多かったのが資格取得の費用負担、次に情報提供と奨励金、最も少なかったのが資格手当などの給与部分。
複数回答可ですから、費用負担を中心に情報提供や奨励金などの支援を行うパターンが多いと考えて下さい。
資格手当などは、指定資格であれば支給するパターンは多いです。上記の返答企業を見れば分かりますが、建設業界・IT業界などが殆ど入っていませんので、こういった偏った結果となっただけですので注意しましょう。業務に直結する資格でなければ意味無いですからね・・・
では、上記の様な企業が社員に取得して欲しい、支援する資格とは何なのでしょうか?
上記返答企業が支援したい資格は以下の通り。
(用意した20項目以上の資格から選択)

企業が社員に取得して欲しい資格ランキング

1位 TOEIC…20社(37.0%)
2位 社会保険労務士…18社(33.3%)
3位 中小企業診断士…16社(29.6%)
衛生管理者…6社(29.6%)
日商簿記検定(1級、2級)…16社[うち1級のみ2社](29.6%)
宅地建物取引主任…16社(29.6%)
7位 税理士…15社(27.8%)
8位 MBA(経営修士号)…13社(24.1%)
9位 公認会計士…12社(22.2%)
行政書士…12社(22.2%)
11位 弁理士…11社(20.4%)
ファイナンシャル・プランナー…11社(20.4%)
技術士…11社(20.4%)
14位 司法書士…10社(18.5%)
15位 ITパスポート…9社(16.7%)
16位 米国公認会計士(USCPA)…8社(14.8%)
eco検定…8社(14.8%)
司法試験…7社(13.0%)
消費生活アドバイザー…7社(13.0%)
技能士…7社(13.0%)
21位 MOS…6社(11.1%)
22位 英検(1級、準1級、2級)…5社[うち1級のみ2社](9.3%)
23位 証券アナリスト…4社(7.4%)
銀行業務検定…4社(7.4%)
ビジネスキャリア検定…4社(7.4%)
26位TOEFL…3社(5.6%)
トップは御馴染みTOEIC、2位は社労士、3位に中小企業診断士と言った最近人気の資格が有りますね。金融系やコンサル業界では役に立つ場合が有りますが、管理部門のマネジャーになって欲しい感じでしょうか・・・
と、ここまで書いていますが、実際には用意した20項目以上の資格以外を挙げている企業が多かったとの事。
例として以下が挙げられています。

社員に取得して欲しい資格 企業・業界別

丸紅
ITストラテジスト、ファイナンシャルプランニング技能士、内部監査士、公認内部監査人、公認情報システム監査人
大和ハウス工業
建築士(1級、2級)、建築施工管理技士(1級、2級)など
三井住友海上火災保険
損害保険代理店資格、証券外務員資格など
住宅メーカー:建築士、各種施工管理技士など。
自動車メーカー:電気工事士など。
流通業:中国語検定、インドネシア語技能検定。
電機メーカー:DCプランナー(企業年金総合プランナー)。
銀行:不動産鑑定士、アクチュアリー、米国弁護士、CFA協会認定証券アナリストなど。
電子部品メーカー:QC検定(品質管理検定)。
カードなど金融業:貸金業務取扱主任者。
電機メーカー:電気工事士2種、冷凍機会責任者。
自動車部品メーカー:トータルで307資格に奨励金支給。
銀行:アクチュアリーなど。
生保:アクチュアリー。
自動車メーカー:通関士、販売士。
電機メーカー:米国税理士、PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)、ITコーディネータ、博士号、電気主任技術者、PE(プロフェッショナル・エンジニア)、1級建築士など。
ホテル:「ホテル運営に必要な資格」。
不動産:マンション管理士。
これは良いですね。上記が大体あっていますので覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました