マイクロソフトが1万8000人のリストラ発表、1万2500人はノキア社員

アメリカのマイクロソフトが、この1年間で1万8000人のリストラを行う事を発表しています。
この内1万2500人は買収したノキア社員となっています。
残り5500人はどの地域が対象となるかは分かりませんが、第1弾はシアトル地域の1351人が対象になるとの事。
日本マイクロソフトの樋口泰行社長はリストラについて、「現時点で決まったものはない」「日本マイクロソフトにも影響を及ぼす可能性がある。可能性がおよぶ範囲は、デバイス関連が想定される」とコメントを発表しています。
ノキアに関しては買収時に言われていましたので、それを実行する形となりますね。
マイクロソフトはリストラと同時に新たな社員を採用し始めていますので、新旧入れ替えのリストラでしょう。サトヤ・ナデラCEOも少し何か変えたい感じなのでしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました