H2Oリテイリングとイズミヤが経営統合、関西でのシェア拡大狙う

H2Oリテイリング、イズミヤとの経営統合を発表
 阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は31日、関西地盤の大手スーパー、イズミヤと経営統合すると発表した。6月1日付で株式交換によりイズミヤを完全子会社にする。
 同日の記者会見でH2Oの椙岡俊一・最高経営責任者(CEO)は「関東と違い関西は商圏が広がらない。足元を固めるために商品や価格、業態の幅を広げる方策を模索していた」と述べた。イズミヤの林紀男会長は「関西という共通の事業基盤を持つ両社が、関西をより豊かに元気にしたい」と強調した。
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXNASHD31014_31012014000000

阪急阪神百貨店や阪急オアシス、阪急ファミリーストアなどをグループとするH2Oリテイリングが、関西を中心としたスーパーマーケット運営イズミヤと経営統合する事が発表されました。
この経営統合によって、イズミヤは5月28日付で上場を廃止する予定となっています。
同じ関西を中心とした事業展開での相乗効果を見込んでの統合が目的となっており、文字通り関西圏でのシェアは非常に高くなる。売上高も単純計算ではあるが1兆円近くなると見られる。
となると、小売業界では8位から5位辺りまで上昇する事となりますね。
コンビニのスーパー化、スーパーのショッピングモール化?再編は続く。

タイトルとURLをコピーしました