ビジョンHDとビジョンメガネが民事再生法適用を申請、負債総額77億円

メガネ販売チェーンの「ビジョンメガネ」2社が民事再生法 負債総額77億円
 メガネ販売チェーン店「ビジョンメガネ」を運営するビジョン・ホールディングスと子会社のビジョンメガネは25日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、保全命令を受けた。信用調査会社の東京商工リサーチによると、負債総額は2社合わせて77億3000万円。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131125/biz13112518260011-n1.htm

メガネ販売チェーン運営のビジョン・ホールディングスとビジョンメガネが民事再生法適用申請を行ったそうです。
東京商工リサーチによると、負債総額は77億3000万円となるとの事です。
メガネのマーケットが縮小傾向にあり、JINSやZoffなどが参入し競争激化、低価格路線であるため価格競争にも陥っていますね。メガネトップは眼鏡市場と店舗名を変更して上場も廃止しています。
メガネ販売店だけでなく、メガネフレームのセイコー関連・野尻眼鏡工業なども倒産しています。
最大手である三城ホールディングスのメガネのパリミキやメガネスーパーも店舗縮小を余儀無くされています。
販売店は酷い状況ですが、HOYAやセイコーなどレンズ製造は既に他の事業へ展開している様子。
どうなるか注目の業界ですね。

タイトルとURLをコピーしました