澤田秀雄社長のハウステンボス、来年度から再生支援交付金を終了予定

ハウステンボス、なぜわずか3年で再建?澤田社長の筋書き通りに進んだ“宝の山”再生
 ハウステンボスの澤田秀雄社長は、昨年12月16日に行った2013年9月期単独決算発表の席上で「テンボスの再建は終了した」と宣言。10年度より佐世保市から10年間の約束で毎年受け取っている「再生支援交付金」(固定資産税相当額)の交付を14年3月期で終え、残期間の交付は返上すると明言した。
http://topics.jp.msn.com/wadai/cyzo/article.aspx?articleid=3327989

長崎のテーマパークであるハウステンボス、今は結構な人気となっていますが、現在も一応会社更生法適用の経営再建中です。
しかし、昨年12月の決算発表で澤田秀雄社長は、テンボスの再建は終了したとして、来年度から再生支援交付金を終了する予定である事を発表しています。
単なるオランダ村からの脱却をして、現在はアニメやキャラクターを利用したイベントを中心としており、客層も花目当ての高齢者から、前述イベント目当てのファミリー層まで幅広く取り込めた様子。
日本人観光客だけでなく、土地柄からか、中国人や韓国人が非常に多いようで、今後もアジア圏を中心としたマーケティングをしていくのでしょう。
そんな澤田秀雄社長ですが、H.I.Sの会長であり、澤田ホールディングスの社長でもあります。
丁度、澤田ホールディングスの求人募集がありますね。

  • 澤田ホールディングス【一般事務及び秘書業務】の中途採用ページ
  • ‘,
    気になる方は見てみると良いでしょう。

    タイトルとURLをコピーしました