応募後即返事する企業は離職率が高いと言う結果に

転職希望者は要注意? 履歴書にすぐ返事してくる会社は離職率が高いという調査結果
とある会社に履歴書を送ったらすぐに返事がきた、という場合、あなたのスキルに興味を持った素晴らしい会社があなたを発見してくれてラッキーだと思うかも知れません。ですが、16000もの企業をサンプルとした6年がかりの調査によって、意外な結果が明らかになりました。
送られてきた履歴書に急いで返事をする会社の方が離職率が高い傾向にあることがわかったのです。
http://www.lifehacker.jp/a/2014/01/140108hurry_to_hire.html

履歴書を送った後、即返事がある会社は離職率が高い傾向にある事が、アメリカの就職・転職情報サービスGlassdoorで分かった様です。
ここで言う履歴書送付は、転職サイトなどでの応募と同じです。
色々と書かれていますが、年中求人広告を出している企業は離職率が高いと言う結果ですね。
例えば多くの大手企業は何らかの人脈や人材紹介などを通じて、空いたポストを早く埋める努力をします。重要なポストであれば、より外部に知られたくはない。
にも拘らず一般公募となるには、それなりの理由がある訳ですね。

何度も求人して面接後即採用は危険

より幅広い人材から選びたい、一から構築、他の職種も一緒になど様々ありますが、その中には後任も直ぐに退職してしまったも含まれています。
なぜ早く返事をするかは、前述の理由を見ていただくと分かりますが、幅広い人材・一から構築・他の職種も一緒に辺りは急ぐ必要性がないですよね。
胡散臭いので、結果誰も応募せずにずっと残っていると言う考え方も出来ますね。
そうなると応募対象の条件がどんどん緩くなり、未経験者歓迎、実力主義、アットホームな環境と言ったブラック企業フレーズが登場する流れとなります。
あくまで一例ですので、全てがそうではありませんが、注意するに越したことはない。

タイトルとURLをコピーしました