完全失業率は横ばい続く、リストラなど会社都合の非自発的失業は減少

11月の完全失業率、前月比横ばいの4.0% 「非自発的」離職が減少
 総務省が27日発表した11月の完全失業率(季節調整値)は4.0%で2カ月連続で前月比横ばいだった。事業主による人員整理などを理由にした「非自発的な離職」は前月から2万人減った一方、自発的な離職は2万人増えた。現状より条件の良い就職先を求めて転職をしようとする動きが活発になっており、雇用情勢の改善傾向が続いているもよう。総務省は雇用全体を「持ち直しが続いている」と判断している。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL270J9_X21C13A2000000/

11月の完全失業率を総務省が発表をしています。
11月も前月とほぼ同じで4.0%、男性が4.1%、女性が3.7%、失業者数は261万人、男性は5万人減少したが、女性は1万人増加。
女性は非労働力人口が14万人減少しており、女性ニートが急激に減少傾向となっている。
仕事探しする方は以下のページも参考にして見て下さい。
大丸2︎大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
http://newjob.wpblog.jp/article/373925891.html

タイトルとURLをコピーしました