30代、40代の超就職氷河期世代に転職ヘッドハンターが注目

30~40代に「転職モテ期」がやってきた、その理由は?
ある日、「●●会社の社長が、プロジェクトの責任者としてあなたを指名しています」と、電話がかかって来る。ヘッドハンターからの突然の電話に驚くのは当然だが、実は、最近30~40代のビジネスパーソンの間で増えているのだ。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1311/12/news004.html

現在転職市場では30代や40代の、所謂超就職氷河期世代が注目されており、ヘッドハンティングの話も多いという記事があります。
現在の30代や40代というのは、ここ最近の就職氷河期とは比べものにならない位の酷さを経験した世代です。
なぜ、彼らをヘッドハンターを使ってまで企業が欲しがるのか?
「以前は、未経験でもいいから第2新卒で若い人材を……という方針で中途採用の計画を立てていましたが、リーマンショックの後、戦力化できていない若手社員があぶれて経営が圧迫されるという苦い経験をしました。これではいけないということで、翌年からは戦力として計算できる30代以上を積極採用しています」
この様な理由で、新卒未経験から即戦力の30代、40代の中途採用に切り替えているそうです。何度か私も書いていますので、既に知っている人もいるでしょう。
30代、40代の超就職氷河期世代は、高度経済成長バブルが弾けた非正規雇用から始まり、ITバブルが弾け、世界的にテロの脅威に晒され、徐々に景気回復したのも束の間、リーマンショックによる金融危機で3回目のバブルが弾ける、大手企業や銀行へ入社すれば安泰だ・・・その大手が倒産し、銀行まで潰れる・・・こう書いてみると確かに酷いですね。
その中で生き抜いてきた訳で、ちょっと意識が違う方は多い世代でもあります。全ての方が対象ではありません。
1 業界や職種における専門性高いスキルを持つ
2 上記において実績が豊富
3 各種媒体において何らかの形で自分が露出されている
4 アンテナが広くセミナーや交流会などに良く出向く
5 周りからの評判が高い人物
しかもこの人材像は、経営者やエグゼクティブでない「フツーに頑張っているミドルクラスのビジネスマン」がほとんどだと思って見ていただきたい。
記事では上記の様な条件が書かれていますが、これに限りません。
しかしこの世代、実は転職はもうコリゴリと考えている人は非常に多いですので、ヘッドハンティングも楽ではない。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました