JTが工場閉鎖、営業拠点削減に伴い1600人リストラ、希望退職を発表

JT、4工場閉鎖へ 営業拠点縮小、1600人削減
 日本たばこ産業(JT)は30日、国内4工場の閉鎖と営業拠点の縮小、1600人の人員削減からなる国内たばこ事業の再編策を発表した。来春の消費増税で国内市場の縮小加速は必至。一方で積極的なM&A(合併・買収)で成長をけん引してきた海外事業も販売数量は頭打ちだ。国内の収益力維持の重みは増しており、最高益更新を見込む好業績下でもリストラを進める。
 30日記者会見した佐伯明副社長は「前期は過去最高益を達成できたが、国内たばこ市場は減少の一途。先送りできない」と強調した。海外たばこ売り上げ増で2014年3月期の連結営業利益は前期比16%増の6160億円と過去最高を計画するなか、国内事業は思い切ったコスト削減を進める。
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD300ME_Q3A031C1TJ0000/

日本たばこ産業であるJTが、国内のタバコ工業4箇所の閉鎖と、営業拠点を25から15支店に削減する事を発表しました。

これに伴い従業員1600人のリストラや希望退職者募集も発表しています。

JTは昨年度の決算発表では過去最高益となっており、今年度の2013年度も過去最高益となる予想となっています。

この様な好業績の財務状況でも、佐伯明副社長は、国内たばこ需要について、減ることは予想できても増えることは予想できない。として、今回の発表に至ったそうです。

2015年3月末で、たばこ製造の郡山工場と浜松工場と、材料の岡山印刷工場を閉鎖。

同じく2015年3月末に、葉タバコ処理工程の東日本原料本部、たばこ自動販売機製造・販売の特機事業部を閉鎖。

2016年3月末に、原料の平塚工場を閉鎖という予定となっています。

営業拠点に関しては、2015年4月1日付で25支店体制から15支社制に統廃合されます。

宮崎秀樹副社長は、今回希望退職を募集して、企業として健全に成長していくことで安定雇用につなげる。企業の体力がある今なら、退職一時金の割増しや再雇用に関しても十分なサポートをしていける。と述べています。

非正規ではなくJT正社員1600人削減ですから、かなり影響はありそうですね。

タイトルとURLをコピーしました