江崎グリコが中間期業績予想を上方修正、およそ2倍

通期の利益が2倍?グリコ大飛躍のワケ 歴史的猛暑で好採算のあの商品がバカ売れか
歴史的な猛暑が日本列島を飲み込んだ今年の夏。グングンと上昇し続けた気温は、グリコの業績をグイグイ押し上げたようだ。
菓子メーカー大手の江崎グリコは10月22日、2013年度上半期(4~9月期)の業績予想を上方修正した。売上高の見通しは1696億円(前年同期比8.3%増)で、従来予想より16億円の上乗せ。本業の儲けを示す営業利益に至っては97億円(同88.6%増)と、従来よりも40億円の上乗せとなった。
http://toyokeizai.net/articles/-/22350

東証1部上場の菓子メーカー江崎グリコですが、2013年9月中間期業績予想を上方修正しました。
売上高が1680億円から1696億8400万円、営業利益が57億円から97億8400万円、当期利益が41億円から75億8800万円に引き上げられました。
好調となった原因として、猛暑が続いた影響でアイスの売れ行きが良かったのでは?と言う見方が強い様です。
江崎グリコ側は、海外子会社の売上原価率が改善、販売促進費や広告費などのコストダウン効果と言うに留まっています。

タイトルとURLをコピーしました