Googleの第3四半期決算、売上高過去最高の増収増益

Google、第3四半期も2桁台の増収増益──Motorolaの損失は縮小
 米Googleが10月17日(現地時間)に発表した2013年第3四半期(7~9月期)決算は、売上高は前年同期比12%増の148億9000万ドル、純利益が36%増の29億7000万ドル(1株当たり8.75ドル)だった。非GAAPベースの1株当たり純利益は10.74ドル。直営サイトでの広告が好調で、売上高、非GAAPベースの純利益ともに、アナリスト予測(売上高は119億ドル、1株当たり純利益は10.35ドル)を上回った。
 営業利益は26%増の34億4000万ドル(Motorolaの営業損失が2億4800万ドル)で、非GAAPベースの営業利益率は0.9ポイント増の29.2%だった。トラフィック獲得経費(TAC)は7%増の29億7000万ドル。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1310/18/news054.html

Googleが第3四半期の決算発表を行い、増収増益であることが分かりました。
売上高148億9000万ドル、営業利益34億4000万ドル、純利益29億7000万ドルとなっており、アナリスト予想を上回り過去最高となっています。
この決算発表によって株価も1000ドルが見えてきたと言う報道もありますね。
CEOのラリー・ペイジ氏によると、PCよりもモバイル端末からの広告収入があがっており、アメリカやイギリス以外の国で増加したそうです。クリック単価は下がったが、それを上回るペイドクリック数となっています。
モトローラに関しては厳しい状況が続いている感じですが、新製品を準備中と述べています。
来週中にも新OSであるAndroid 4.4のKitKatを発表するそうです。
IT関連スキルを活かす求人を見る

タイトルとURLをコピーしました