ヤマダ電機初の最終赤字、業績予想も下方修正

ヤマダ電機が初の最終赤字 4~9月、TVなど不振
 ヤマダ電機は15日、2013年4~9月期の連結最終損益が42億円の赤字(前年同期は139億円の黒字)になったと発表した。従来予想(49億円の黒字)から一転、02年の連結決算への移行後4~9月期として初の最終赤字となる。薄型テレビなどの販売が当初見込みを下回った。海外の店舗閉鎖に伴う特別損失の発生なども響いた。
 売上高は11%増の8970億円。従来予想を330億円引き下げた。映像関連商品の販売も低調だった。
http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXNASGD1503D_15102013TJ0000/

ヤマダ電機が4から9月期の決算発表を行い、初の最終赤字となることが明らかとなりました。
売上高8970億円、連結最終損益が42億円の赤字、2014年3月期の連結純利益予想も238億円から81億円と下方修正。
以前ヤマダ電機は、一宮忠男社長から山田昇会長へ社長交代していますが、特に変わりなかった様子。
ヤマダ電機全取締役降格、山田昇会長が社長復帰、経営不振で立て直し
テレビなどの家電販売も不振ですが、住宅関連事業での出費も響いたそうです。
今後の出方次第で業界の勢力図も一気に変わりそうですね。
ヤマダ電機関連の求人は以下の通り。
株式会社シー・アイ・シー【ヤマダ電機グループ】
株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(東証一部上場・創業63年)

タイトルとURLをコピーしました