大丸松坂屋が今年度中に1000人の人員削減、200人希望退職、770人を転籍

Jフロントリテイリング傘下の百貨店、大丸松坂屋が今年度中に1000人の人員削減を行うことが分かりました。

売上が好調だった大丸松坂屋ですが、来年度からの消費税増税による買い控えに備える為だそうです。

早期希望退職が200人、770人を転籍、合計1000人規模の人員削減予定との事です。

大丸松坂屋の従業員7600人の内、4300人はグループ企業へ出向しており、既に転籍しているそうです。転籍対象となったのは55歳以上、待遇が悪くなった部分は穴埋めするとの事。

退職金上増しの希望退職に関しては30歳以上が対象となっています。

早期希望退職者の対象になった時や希望退職者募集に応募をする方は、『早期退職への応募から希望退職した後の身の振り方』を参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました