NKSJHDが損保ジャパンと日本興亜損保で計200人の早期希望退職者を募集

NKSJホールディングスが、損保ジャパンと日本興亜損保の2社合計で200名の早期希望退職者を募集することを発表しました。

募集は12月からで、対象は40歳以上の約5900人となっています。

退職日は来年2014年3月末となります。退職金割り増しなどがあるとの事です。

NKSJホールディングスは、昨年も469人の早期希望退職者を募っており、追加での募集となります。

損保ジャパンと日本興亜損保は来年9月に合併を予定しており、それに伴う人員削減。

2015年度までに4800人を削減する予定なので、自然退職、採用抑制なども含めて続く予定。

早期希望退職者の対象になった時や希望退職者募集に応募をする方は、『早期退職への応募から希望退職した後の身の振り方』を参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました