消費税率引上げに伴い転嫁対策調査官(転嫁Gメン)を600人臨時採用

消費税転嫁を監視、「Gメン」600人採用へ
 政府は、消費税率の引き上げ時に大手企業が中小企業との取引で価格転嫁を阻んでいないかどうかを監視するため、約600人の「転嫁対策調査官(転嫁Gメン)」を10月から臨時職員として採用する。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130930-OYT1T00972.htm

10月に消費税率8%へ引き上げる事に伴い、転嫁対策調査官(転嫁Gメン)なる職員を臨時で600人採用する事が決定しているそうです。
要は大企業が消費税を適切に支払っているかどうかを監視する職務。
中小企業へ押し付けていないかを調査する。
消費税転嫁対策の特別措置法施行の10月から募集開始となっていますので、興味のある人はチェックしておきましょう。
それ以外の求人募集はこちらを参考にしてください。
大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報

フォローする

タイトルとURLをコピーしました