会社を辞めて良い時と辞めてはいけない時、転職は計画的に戦略を練る

仕事を辞めていいとき、踏みとどまるべきとき
誰でも職場で不満を感じるときがあるし、自分の仕事に情熱を持てない時期が長く続くことさえある。だが、普通の一時的な不満と、自分と仕事との本当のミスマッチを見分けるにはどうすればよいのだろう。次への一歩を踏み出すべき時期が本当にきたとき、それを知るにはどうすればよいか。また、そのとき上手に辞めるにはどうするべきなのだろうか。
http://president.jp/articles/-/10656

転職する理由は人それぞれありますが、会社を辞めて良い場合と、辞めてはいけない時が紹介されています。
現在の状況に不満を感じているのに行動できないでいる人が大勢いる。から始まり、
「多くの人が自分に合わない仕事に長くとどまりすぎるが、それは企業社会が個人を各自の理想の仕事と組み合わせるようにではなく、人々に今の仕事を続けさせるようにつくられているからだ」と述べています。

会社を辞めて転職した方が良い人

仕事を辞めると心に誓い続けているが、決して辞めない。
上司の仕事に魅力を感じない。
一貫して十分な成果をあげていない。
これらに1つ以上当てはまる人は検討を始めた方が良いそうです。現状の職場とのミスマッチである可能性が高いとなっています。

会社を辞めてはいけない人

次に何をするか決まっていない人。
一時的な感情で嫌な状況から逃れたいと思っている人。
転職によるリスクを考えていない人。
これらが挙げられております。これらは同意できると思います。
多くの人が次に何をするかを決めないまま退職する。金銭的不安がない場合や、何にも邪魔されずにじっくり考える時間がほしいと思っている場合はとくにそうだ。とありますが、これらは本当に注意しなければなりません。そのままダラダラと時間だけが過ぎて行く場合が高い。

転職回数が多いと思われるのは何回?

この筆者によると、人には通常、一生の間に10回転職のチャンスが訪れ、それはつまり、平均すると4年に1回。となっています。
そして、それよりずっと頻繁に転職していたら、企業からジョブ・ホッパー(転職常習者)とみなされるようになる。と転職回数によるリスクを挙げています。
あまりにも転職回数が多い弊害は、本当にやりたい仕事を見つけたときだ。いいかげんな経歴のために、その仕事を得られないことがあるからだ。と述べています。
転職回数リスクに関しては、欧米のそれと日本では異なります。日本の場合は10回の半分、5回程度で転職常習者とみなされます。3、4回なら大丈夫。5回でギリギリでしょう。その場合、会社都合の退職、要は倒産などは含みません。
5回目の転職は予備と捉え、4回目の転職までに自分に会った職場を見つけると言う事になります。
転職は計画的に戦略を練って行いましょう。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました