日本郵政グループ3社同時上場を検討、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険も

日本郵政:「3社同時上場」を検討 民業圧迫批判かわす
 日本郵政が2015年春を目指す株式上場時に、傘下のゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の金融2社も同時上場させることを検討していることが18日、分かった。日本郵政はグループの収益力を向上させるためにも早期上場が不可欠と判断した。親会社と子会社の同時上場は異例だが、金融子会社2社も一体で上場することで、郵政改革を進める姿勢をアピールする考えだ。早期上場により、米政府や金融機関などから「民業圧迫」批判をかわす狙いもある。
http://mainichi.jp/select/news/20130919k0000m020129000c.html

2015年春の上場を目指している日本郵政ですが、グループ企業である、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の2社も日本郵政と同時に上場を検討しているそうです。
同グループ企業3社が同時に上場…聞いたことないですね。
しかも日本郵政グループですから、これは2015年の株式市場は盛り上がりそうです。
日本郵政グループの求人募集などは以下のページを参考にしてください。
大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
良く分からない人は、NTTグループに例えると分かりやすいでしょう。
NTT東日本、NTTドコモ、NTTデータが同時に上場すると言う感じ。
TPPに関しての対策が狙いとなっていますが、どうなるでしょうかね。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました