京成電鉄が押上から千葉県市川市八幡へ本社移転

京成電鉄:あす市川へ本社移転 地上7階、地下1階ビル 商店街需要・税収増に期待の声 /千葉
 京成電鉄(三枝紀生社長)は17日、本社を東京都墨田区押上1から市川市八幡3に移転し、新社屋で新たなスタートを切る。押上の本社ビルの老朽化に伴うもの。鉄道事業だけに限らず、東京ディズニーリゾートの運営会社オリエンタルランドの筆頭株主として、県とのかかわりが深い大手私鉄の本社移転だけに、市や周辺の商店などから経済効果に期待する声が上がっている
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20130916ddlk12020185000c.html

京成電鉄が押上本社老朽化に伴い、千葉県市川市八幡3丁目に本社を移転しました。
同社はご存知オリエンタルランドの筆頭株主で千葉県市川市や浦安市とは関わりが深い。
新本社には総務、広報、営業の他、京成バス社員も含め約400人が入居する予定となっています。
この京成八幡駅周辺は再開発が進んでおり、ビルやマンションが乱立状態でしたが、こうなったのですね。
利便性が高い市川市ですが、今回の京成本社移転で街も賑わいそうですね。
ちなみに押上の本社後は再開発して地上13階地下1階の賃貸ビルを建設。ホテルとスーパーが入り、2015年12月に開業する予定だそうです。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました