効果的な人脈の作り方、親友よりも知人、弱い結びつきの強さ理論

偉くなる人の人脈のつくり方
http://president.jp/articles/-/10645
人脈形成の大切さは所々で語られていますが、皆さん人脈作りはしていますでしょうか。
してないと思った方は気付いていないだけで、仕事をしている以上、人脈は誰でも持っています。
効果的な人脈と言うのは親友・友達の類ではなく、仕事上の薄い付き合い程度の方が良いと言われています。要は知人。
スタンフォード大学のマーク・グラノベッター教授の研究によると、就職先や営業先の情報ソースは、8割が友達ではなく知人からだったとなっています。
親友などは多くいる物ではないですし、ましてやビジネスに活用すると言う理由でなるものではありません。ビジネスが原因で縁がなくなる不安もあり、要はビジネスに関する情報伝達が少ない。
一方、知人は名刺交換やアドレス交換だけで成立するので非常に多くの情報伝達がある。しかも特に気にしない。
これらを前述の教授は、弱い結びつきの強さと表現しています。
どこら編が効率的な人脈なのかと言うとストラクチュアル・ホール(構造的な隙間)が多いとなっている。
ストラクチュアル・ホールとは、あなたは知人Aと知人Bにネットワークを持っているが、AとB自体は知人ではない。そのAとBの関係性をストラクチュアル・ホールと呼ぶ。
そのストラクチュアル・ホールである隙間を埋めるのがあなたの役目となる。要はAとBをビジネスで結びつける。
そういったストラクチュアル・ホールを持っているマネジャーは年収が高いと言う調査結果があるそうです。
では人脈形成はどこで増やせば良いのでしょうか?ここでは異業種交流会が挙げられています。
こういった類ですね、
ワンランク上のお洒落な異業種交流パーティー&イベント
良く出会い系と勘違いして敬遠する人も勿論居ますが、実は異業種交流会は人脈作り目的の人が殆どですので、気兼ねなくビジネス利用できる関係性を作ることが出来る。名刺やSNSアカウントは用意して行きましょう。
Twitterでフォロワーを増やしたがる人が居ますが、この理論に当てはめると間違いではない。ネットワークビジネスなど自称起業家がTwitterに多いのは、こういった人脈形成が狙いなのでしょう。殆どが無視されますが、1人当たれば大きいのでしょう。で無ければ無意味ですね。
あれらは不確定要素が多く、ましてや将来的に役立つとは思えない。どうせなら効果的で有用な人脈を作りたい。
冒頭でも書きましたが、誰しもが人脈を持っています。営業先同士を結びつけたり、学生時代のコネを利用したり幾つもあります。
しかし、最も効率的な人脈作りは転職です。
転職に関しては以下を参考にして下さい。
大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
ご存知転職は会社が変わります。と言う事は、これまで同僚・上司だった全ての人が人脈となります。もっとも其れ相応の関係を構築して置かなければならない。喧嘩別れ、問題起こして退職などは論外。
何も難しい事ではないです。一緒に仕事をしている同僚のアドレス交換、SNSアカウント交換をしておけば良いだけ。現代は便利ですね。
その関係性を持続すれば、その元同僚を介して様々な情報を受け取ることが出来るでしょう。勿論あなたも情報提供をしてあげましょう。
胡散臭い話には注意して、より良い人の縁を形成してください。
これらは別に個人単位に限った事ではありません。企業単位でも取り入れています。
例えば中途人材募集をすると言う事は、新卒生え抜きではなく外部の人間を社内へ入れることですよね。
人材不足が理由だけでなく、そこには外部の人材による人脈作りも視野に入れて居ます。要は人脈を持っている人材を入れてゴッソリ頂こうと言う算段だ。良く言うでしょう?パイプを持っているとか。
新卒しか採用しない企業の労働環境は非常に遅れます。今現在主流となっている事を知らない場合が多い。
このままではマズイ・・・と言う事で最近は中途採用を始めた企業もある程です。
新卒採用だけにすると・・・そう、前述の知人、弱い結びつきではなくなってしまいますね。
だから新たな人材を入れて活性化を図るわけです。
転職を繰り返しても次々と転職先が見つかる人は、こう言う人だからですね。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました