就職面接やプレゼンなど緊張する場面で落ち着く方法

緊張する場面でも落ち着くための「不安克服チェックリスト」
https://www.lifehacker.jp/a/2013/08/130831stage_checklist.html

就職、転職での面接、職場や営業先でのプレゼンは慣れていても緊張しますよね。

あまりにも緊張してしまうと、本来伝えたかった事が言えなかったり忘れたり・・・

面接で緊張しない方法

そんな緊張する場面で落ち着く方法が幾つか紹介されています。答えているのはコメディアンのAndrew Orvedahlとなっています。

資料を一通り声に出して読む

鏡、ペットのネコ、協力的な家族…誰でもいいので観客を決めて、その前でしゃべってみましょう。声に出すと論理の矛盾、文章の変なところ、その他の問題を発見できるはずです。納得いくまでそれらを何度も修正して声に出しましょう。Orvedahlさんも「台本を見ずに行うつもりであっても、精神的に安心できる」とこの方法を勧めています。

最初のパートを記憶する

多くの人にとって、スピーチ直前の5分と人前に立った始めの1分が一番つらい時間です。最初のパートはできるだけ覚えてしまいましょう。すべてを記憶しなくてもいいので、最も不安になる部分を覚えると心を落ち着かせるのに効果的です。

質問の答えをあらかじめ用意しておく

細かい部分を忘れてしまったり、それを完璧に思い出せないこともあります。詳細を省いた大雑把な説明だと、かえって聴衆の集中力が保て、あとで質問もたくさんもらえるでしょう。資料を自分のものにし、本番で伝えること(もしくは履歴書)との違いを抑えておきましょう。想像できるすべての質問の回答を用意しておくと良いですよ。

面接前に落ち着く方法

気を紛らわせる

何かを考えないようにするには、ほかのことで頭をいっぱいにすると効果的です。Orvedahlさんは、本や携帯電話のゲームを持ち歩いたり、友達(や周りの人)と舞台前にしゃべることを勧めています。

ルーチンとなっている行動をする

いつも同じように行うちょっとした行動を取ることで、気を紛らわせられるだけでなく心を落ち着かせられます。自分に合った行動を考えてみましょう。建物の回りを散歩してみる、腕立て伏せを50回行う、意識的に呼吸をするなどで構いません。ルーチンの行動は心を真っ白にしてくれるので、スポーツ選手や役者も活用しています。

緊張感を楽しもう

誰でも緊張することがあるので、それを恐れる必要はありません。この瞬間を楽しもうとすれば、緊張をコントロールできることさえあります。ひざが震えたら、それを震わせることにエネルギーを注ぎましょう。Orvedhalさんは「緊張は悪くない。エネルギーを与えてくれるし、うまく利用すればやる気がわいてくる」と言っています。

アルコールやカフェインを取らない

Orvedahlさんは、本番前の飲み物として最も人気がある2種類を避けるように注意しています。カフェインを取ると、もっと緊張し、不安感が高まります。アルコールはリラックスさせるのにもってこいですが、脳の活動を抑えて気の利いた受け答えができなくなる恐れがあります。

自信をもつ

単純なアドバイスに聞こえるかもしれませんが、真剣に考えてみてください。自分に自信を持てない人にOrvedahlからこんなアドバイスがあります。「あなたがこの機会を得られたのには何か理由があるはず。この論理を、自信をつけるために使ってみて」。ランダムに選ばれてあなたがステージに立つのでなければ、人々が称賛するような何かを持っているはずです。緊張したらこのことを思い出しましょう。

履歴書と職歴書は面接の台本

この様な方法が紹介されていますので、参考程度に覚えておくと良いかもしれませんね。

履歴書や職務経歴書は自分の事を書いていますので、その台本を元に家で何を言うか予め考えておくのは常套手段です。

そうする事で予期せぬ質問にも、意外と答える事が出来たりします。

私の場合、この方と違いコーヒーを飲んでいました。約束時間の1時間前に行き、近くを散歩したり、喫茶店に入ったり。

普段と変わらない行動をする事で落ち着くのかも知れませんね。

転職に関しては以下を参考にして下さい。

大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報

タイトルとURLをコピーしました