介護用ロボット利用したい人6割、内閣府が発表

介護ロボット「利用したい」6割 内閣府世論調査
 内閣府は12日、「介護ロボットに関する特別世論調査」の結果を公表した。介護ロボは介護・福祉の現場で歩行や入浴などを補助する先端機器。在宅介護する際に「利用したい」「どちらかといえば利用したい」の回答が合計59.8%だった。介護を受ける際に「利用してほしい」「どちらかといえば利用してほしい」と答えたのは計65.1%に上った。
 8月1~11日に全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施。1842人から回答を得た。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1203V_S3A910C1CR8000/

内閣府の調査によると、介護用ロボットを利用したいと考えている人は、全体の6割にも上るそうです。
 介護ロボットの魅力について(複数回答)は「介護をする側の心身の負担が軽くなること」(63.9%)がトップ。介護経験がある人に苦労したことを複数回答で尋ねると「排せつ」(62.5%)、「入浴」(58.3%)、「食事」(49.1%)の順となった。
鈴鹿ロボケアセンターの求人募集ページ
このような調査結果となったようです。
最も多い回答は日本人らしく、介護をする側の負担を減らしたい理由となっています。
他人に迷惑をかけたくない意識からくるものですね。
この介護用ロボット分野では、ロボットスーツHALなど日本がリードしています。
介護従事者の質も、かなりピンからキリまでとなっており、介護用ロボットで安定した介護を受けたいと考えている人もいるでしょう。
介護業界は、犯罪者が社会奉仕として従事するほどですから、その過酷さは分かると思います。
ヘルパーなどの応募者でも厳しい時があり、逆に介護を受ける年齢の人が応募してきたりします。
現在既に介護用ロボットを利用している高齢者用福祉施設などもありますが、今後は在宅介護などでも普及していくでしょう。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました