軽自動車増税検討にスズキの鈴木修会長が弱い者いじめとボヤく

軽自動車税増税「弱い者いじめ」発言 鈴木修会長に共感する声目立つ
自動車取得税の廃止に伴う代替財源として軽自動車税の増税議論が浮上していることをめぐって、軽自動車大手スズキの鈴木修会長兼社長が「弱い者いじめと感じる」と述べたことについて、ハフィントンポストの記事やブロガー・凜さんの記事「スズキ会長の軽自動車税増税反対発言は理解できるか?」で取りあげたところ、多くのコメントが寄せられた。
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/02/k_car_tax_n_3856519.html

軽自動車税を増税する可能性が浮上した事で、軽自動車メーカースズキの鈴木修会長が弱い者いじめとコメントをしていますね。
これに対し賛否両論となっていますが、多くは共感する人が多くなっています。
なぜ今になって軽自動車税の増税なのかと言うと、現在の自動車市場は軽自動車が非常に売れている。
国は儲かっている所から取るが基本なので、ただそれだけの理由と思われる。
低燃費、税金安い、最近は内装がシッカリしており、以前とは比較にならない程進化している軽自動車。
ここの税金を上げてしまうと、自動車市場全体に影響を及ぼすのは間違いない。
トヨタ・ダイハツやホンダも軽自動車部門は人気となっていますので、流石に増税は反発が大きくなり過ぎますので無いでしょう。
そもそも重量税、自動車税などが問題視されていますので、もう少し議論が必要と思われます。
自動車メーカーの求人募集はコチラ。
本田技研工業
マツダ株式会社
三菱自動車工業

タイトルとURLをコピーしました