サントリー食品インターナショナルがグラクソスミスクラインのルコゼードとライビーナを買収

サントリー食品、英グラクソの飲料ブランドを買収
[東京 9日 ロイター] – サントリー食品インターナショナル(2587.T: 株価, ニュース, レポート)は9日、英製薬大手グラクソスミスクライン(GSK)(GSK.L: 株価, 企業情報, レポート)の飲料ブランド「ルコゼード」と「ライビーナ」を取得することで合意したと発表した。広く知られたブランドの取得により欧州での事業基盤を強化するほか、アフリカなど新興国での事業拡大を図る方針。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE98807I20130909

先日上場したサントリー食品インターナショナルですが、早速買収を始めています。
買収合意となったのは、イギリス大手製薬企業のグラクソスミスクラインが持っている飲料ブランド、ルコゼードとライビーナ。
買収額は約2106億円と言われています。
これは結構高いと思いますが、鳥井信宏社長はシナジーなどを考えれば、決して高いとは思っていない。買収の決め手は強いブランド。と述べています。
オランジーナで味をしめた海外企業へのM&Aですが、日本での展開は白紙だそうです。
今後もサントリーのM&A戦略は続きそうですね。
サントリー系列の求人募集はコチラ。
サントリーロジスティクス
株式会社ダイナック
プロントコーポレーション