2020年東京五輪、経済波及効果は推計3兆円となるか?

経済効果は推計3兆円 政権に「追い風」
2020年夏季五輪の東京開催に伴う経済波及効果は約3兆円と推計されている。経済再生を掲げる安倍政権にとって、願ってもない「追い風」。関連施設やインフラの整備で地方にも恩恵が及びそうだ。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130908/biz13090818020005-n1.htm

2020年のオリンピック開催都市が東京に決定し、関連銘柄の株価も上昇しました。
2020東京五輪の経済波及効果は推計で3兆円と見積もっており、東京都だけで1兆6753億円、その他の地域で1兆2856億円になると推測されています。
内約として飲食店や宿泊、広告などのサービス業が6510億円、建設業の4745億円、小売業などの商業が2779億円。
そして勿論雇用面でも大きな影響力があり、東京都で約8万4000人、その他地域で約6万8000人に上るとされ、計約15万2000人の雇用創出となる予測がされています。
前回の東京五輪と違う部分は、既に競技施設や道路整備などが殆どあると言う事ですね。
そして、2020年東京五輪ではオリンピックだけでなく、パラリンピックも開催されると言う事です。福祉・介護関連事業ですね。
更に言うならばロンドン五輪でもあったように、IT産業の発展が著しくなっており、各種通信情報機器も進化している事です。Wi-Fiスポットなどの拡充もそうですね。
最後は、やはり原発の汚染水や放射能問題、多くのスポーツ選手や外国人観光客が東京に集中する為、電力需要の問題があります。要はエネルギー関連事業。
7年後を近いと取るか、遠いと取るかは人それぞれですが、既にプロジェクトを組んでいる企業もありますので、乗り遅れ無いように準備だけはしておきましょう。
おすすめ転職求人サイトの特徴と比較一覧
大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
一般的に盛り上がるのはチケット購入販売となる開催1年半前くらいですが、準備に伴う企業はもっと早くから盛り上がり、開催時に終了します。例えば英会話教室などもそうでしょう。
今月はかなり日本経済に関係する出来事がありますので、注目ですね。
オリンピック開催都市決定、そして10日はAppleの新型iPhone5S発売予定イベントに関連したドコモの発表、忘れている人多数のTPP、最後に消費税増税。
無関係な人はいませんので、ニュースはチェックしておきましょう。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました