明治安田生命が海外事業強化策として40歳代管理職対象の研修プログラム国際塾を導入

「国際派」管理職を育成=10年で20人、海外事業強化-明治安田生命
 明治安田生命保険は26日、経済成長が続く新興国など海外事業を一段と強化するため、海外のグループ企業や国際関連部署の幹部候補となる人材の育成強化に乗り出す方針を明らかにした。40歳代の中間管理職が対象。年間2人程度のペースで10年後までに約20人を育成する予定で、状況を見ながら人数を増やすことも検討する。
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013082600565

明治安田生命保険が海外事業強化策として、40歳代管理職対象の研修プログラム国際塾を導入する方針である事が分かったそうです。
国際塾は2人づつ半年間アメリカへ留学させ、基本的な実践業務を学ぶそうです。
明治安田生命の求人募集
10月から開始し2014年4月に最初の研修が終了、その後本社の海外事業や海外の関連会社へ配属されるとなっています。
若手が対象の英語など語学研修はあったが、中年管理職対象は初めてだそうです。
急にどうしたのでしょうかね。やはりTPPが影響しているのでしょうか。
管理職の方は今まで以上に業務が増加しそうで、環境の変化なども含め体調管理は充分気をつけましょう。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました