年収800万円以上の課長以上にホワイトカラー・エグゼンプション制度の導入を検討

政府が年収800万円以上の課長級以上の管理者に対して、ホワイトカラー・エグゼンプション制度を導入する事を検討しているそうです。
現在の所、トヨタ自動車や三菱重工業などが導入を検討しているとなっています。
以前にも書きましたが、このホワイトカラー・エグゼンプション制度は今に始まった事ではありません。
このホワイトカラー・エグゼンプション制度に対して、厚生労働省と労組側は長時間残業による過労死を助長するとして反対しています。
年収800万円ラインは非常に微妙です。
それが高いのか低いのかは個人によりますが、それなら出世しなくてもいいや!と思ってしまう人が増えてしまう方が心配ですね。
実際に適用することになれば、本人の同意や労使合意も必要となる見込みとなっていますが、どちらが優位かと言ったら企業側が有利でしょう。
ブラック企業規制、女性雇用の増加、ホワイトカラー・エグゼンプション、外国人従業員の永住権、解雇規制緩和、限定正社員などなど一気に行っています。
日本は変化を嫌い現状維持を好みますので、あまり歓迎はされないでしょう。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました