倒産件数9ヶ月連続前年下回るもほぼ横ばい、地域・業種によって変化

7月の倒産、9カ月連続で前年下回る 減少傾向変化も
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130808/biz13080817010020-n1.htm
離職率が増加していますが、その理由の内の一つとして、ウチの会社がヤバイ…と考えて転職した人もいるでしょう。
東京商工リサーチ、帝国データバンクが7月の倒産件数を発表しており、それによると9ヶ月連続で前年を下回ってはいますが、ほぼ横ばい状態となっています。
今月は今年に入ってから最も倒産件数が多くなっていますが、株価上昇、円安傾向で急回復した業界と、そうでない業界、地域によって変化がで始めています。
農林水産鉱業、建設、金融・保険、不動産、運輸業は減少、小売、卸売業、情報通信が増加、製造、サービス業などは横ばい。負債総額も同様な感じとなっています。
金融円滑化法による貸付条件変更後の倒産は43件で2.5倍、倒産原因として他社倒産の余波が72件。
資本金1千万円以下の小企業による倒産が8ヶ月ぶりに587件と増加、これが過半数を占めています。
東京都内では倒産件数が減少していますが、地方などでは逆に増加しています。
これらに関しては特に気にする必要はないです。気にした所でどうにかなるものではないです。
ただ、いざそうなった時に転職できるよう用意はしておきましょう。
離職率が増加しているのも、準備が整った人から転職しているからです。
自分の売りが技術なのか経験なのか、それともマネジメントなのか、それらを整理して応募を検討しましょう。
良く倒産の危機で逃げ出し転職する、社員は薄情だと言う意見がありますが、それは違います。生活かかっていますから当然の事です。そういった所で人情を出す企業に碌な会社はありません。むしろ申し訳ない、頑張ってくれ…と応援してくれる方が信用できます。
増してや優れた社員を潰れそうな企業に留めて置く事は難しく、更に状況は悪化します。あなたが前述の有能社員でなければ、それがチャンスとなる。
有能社員のポストが空くわけで、立て直す為の施策をする事が出来る様になります。一応出世できる訳ですね。
裁量を得たところで何をするかで、今後の転職活動に影響する場合もありますので重要です。
優秀な社員が辞めたので自分も辞めるではなく、それを効果的に利用して行きましょう。
立て直す為の施策経験は、実は結構役に立つ事も覚えておきましょう。
それすらさせてくれない企業には、サッサと見切りをつけるのもビジネス。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました