転職エージェントによる転職支援サービスや人材紹介サイトの特徴と比評判較一覧

最近では転職エージェントによる転職支援サービスの需要が高まっています。逆に派遣サービスが頭打ちとなっており、求職者側も乗り換え始めています。

転職エージェントの転職支援サービスとは?

転職エージェントによる転職支援サービスとは、個別にエージェントやコンサルタントが付き転職に関するアドバイスや案件紹介、履歴書や職務経歴書の書き方、給与など待遇交渉、面接時の交渉方法、企業の情報など様々なサービスを行ってくれます。
人材紹介と言う名前でしたが、サービスの拡充によって転職エージェントや転職支援サービスと呼ばれていると考えて良いでしょう。やっている事は基本的に変わりありません。
ハイクラスだけでなく、実際には多くの求人案件があり基本無料です。
それぞれに特徴がありますので、比較検討して利用をしていきましょう。

転職エージェントの比較

マイナビ
マイナビの転職エージェント版。こちらも求人情報の幾つかは公開されているが・・・ちょっと重いですね。
メイテックネクスト
エンジニア専門の転職支援サービス。
@type人材紹介
広告代理店などクリエーターやエンジニア系が多い。大手からの求人代理店として有名。
時々役立たずのエージェント、コンサルタントが付きますので、遠慮なくチェンジして下さい。
転職サイトと同じく、転職エージェントによる転職支援サービスでも専門的な強みを持っている所があります。
特定業界や職種に特化した案件が揃っているので、有効活用して行きましょう。
転職エージェントによる転職支援サービスが人気となっていますが、それでも派遣サービスが良いという方は以下を参考にして下さい。と言っても大手ですが。

派遣会社の比較

リクナビ派遣
リクルート運営の派遣サービス。複数の派遣会社が求人情報を掲載しており、同時に登録・応募をする事が出来る。
テンプスタッフ
テンプスタッフ運営の派遣サービス。登録が非常に簡素化されており、ネット上のみで面接なしで登録できる。
ヒューマンリソシア
老舗の派遣会社もネットで登録できる様になっています。
派遣サービスを利用する上での注意点は、急な契約解除による次の案件紹介までの期間、その為複数の案件がないと厳しい。
待遇は派遣会社に依存しますので、給料・交通費・社会保険などは大手が有利。

転職エージェントの注意点

こういった転職エージェントによる転職支援サービスや派遣サービスを利用する際に注意点があります。
これらサービスは無料で、収益は成功報酬となっていますので、決まらない案件や高額案件を無理やり紹介される場合があります。
運営側も利益が欲しいので、ある程度は仕方ないですが、しつこい様ならば遠慮なくチェンジや退会するのが良いでしょう。
要は、向こうはあの手この手で転職させようとする訳ですから、仕事が無いと嘆いている人には効果的です。
一方スペシャリストの場合は向こうも報酬が高額になるので非常に慎重となります。
相手によって態度が変わりますので、流されないようシッカリと自分の意思を持つことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました