TOEIC得点に準ずる英語力の求人募集が減少、入社後でも可能とDODAが発表

グローバル化、国際社会…そういった言葉が多くなり、これからは英語力だ!
と言ったここ最近の傾向ですが、実際に企業の求人募集でもTOEIC500点以上など具体的に記載されている所もありました。
しかし、昨年辺りからちょっと減少してきているとインテリジェンスが発表しています。
それによると、初級レベルの英語力であるTOEIC500点程度の英語力を求める企業の割合は、調査を始めた2005年が4.2%、2011年にピークの58.9%でしたが、2012年は56.3%と初めて減少との事。
商談・交渉ができる上級レベルの英語力であるTOEIC800点以上でも、2005年の1.0%から2011年は28.6%まで増加、しかし2012年は26.7%に初めて減っているとなっています。
インテリジェンス総括として、これまで企業は英語力を重視し、今でも重要な部分を占めているが、最近では英語は入社後でも身につくと言う考えが多くなってきている。
英語力以外の仕事を進める能力や、人間力などが重視されているとなっています。
企業で採用担当となった方なら分かると思いますが、これは本当の事です。
確かに英語力の目安としてTOEIC500点以上などと書くこともありますが、あくまで歓迎レベルであり必須事項ではない場合が多いです。
それよりも仕事に関する必須要項の方がハードルが高いので、英語力も必須に含めてしまうと有能な人材をミスミス逃してしまう可能性があるからです。
基本的な英語教育を受けている日本人ですが、なぜか英語力に関しては自信がなく、ある程度喋れても出来ないと思っている人が多いです。その為、必須事項に英語とあると2の足を踏む怖れがある訳。
当たり前ですが、英語が話せるからと言って仕事が出来ると言う訳ではありません。
英語力よりも営業力とでも言いましょうか…
そして、英語力の代わりに挙がっているのが仕事推進力と人間力。
仕事推進力は分かりますが…人間力???私はちょっと分かりません。広義的で曖昧過ぎる。
採用方針として今後は人間力を重視していきましょう!と会議で議決するのでしょうかね…笑ってしまう。
と、笑い事ではなく結構多いのが現実…
確かにコミュニケーション能力やリーダーシップ、協調性は重要ですが、それらを面接のみで判断することはまず不可能。
何度も書きますが、採用担当者自体の改善も必要です。
世間で英語力が言われたらTOEIC、人間力が流行ったらコミュニケーション能力。市場で必要とされる人材は日々変わりますが、根本的な事を忘れてしまっている。
真似ばかりをするから企業の特色がなくなり、その企業自体も埋れてしまう。
どの様な人材を迎え入れたいのか?それらをシッカリと答える事が出来ない採用は無駄です。
未経験でも誰でも歓迎よりも、ある程度絞る事も重要ですので、より具体的に記載する事を心がけて欲しいですね。
応募者にはミッチリ記載する事を言うが、企業側が書いていないと言う…
ウチは有名で人気企業だから、書かなくても分かるでしょ?透けて見えますよ。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました