営業から事務へ転職したい女性社員が増加、ノルマも残業もない方が好き

事務なら転職できる?! 営業職女性が陥りがちな間違ったキャリア選択
http://womantype.jp/mag/archives/9443
営業職から事務職への転職を希望する女性社員が多いそうです。
理由としては、数字を持たない、ノルマがない、残業が少ないと言った事が挙げられています。
私は事務職から他職種への転職希望する女性は多く見てきましたが、最近では逆になっていますね。
これで本当に女性の社会進出が多くなるのか、不安になってくる結果です。

女性だけでなく男性社員も事務へ転職したい

既に一部の男性社員の様になってしまっています…彼ら男性社員も事務職に就きたいと考える人が多く、理由も大体同じです。
記事では人事や経理などを勧めていますが、人事は社会労務士、経理は簿記といった資格が必要になってきますので、簡単という訳ではないですね。
更に最近では同じ事務でも資料作成から、海外との渉外交渉、スケジュール調整など営業事務、貿易事務、秘書的役割など多岐に渡っていますので、やはり簡単ではありません。
増してや営業経験があるので、ゆくゆくは営業へ配属される可能性もあります。その場合給料が微妙になる事がありますので、ご注意を。

事務職を舐めすぎ

ちょっと事務職を軽く考え過ぎであり、安易に考えて転職して、イメージと違う!となり結局事務も辞める事になるでしょう。
多分営業の上司に対しても不満があると思いますが、事務は上司どころではありませんよ。
社長、専務、取締役、役員、部長などなど、上司以上の役職と顔を付き合わせる事になる場合もあります。
小さい会社ですと、大抵同じ部屋、もしくは近い席となります。
それでも事務が良いと思うなら、転職理由をうまく考えて高倍率をくぐり抜ける応募をしてみましょう。
転職サイトに関しては以下のページを参考にしてみて下さい。
おすすめ転職求人サイトの特徴と比較一覧