ブラック企業を見抜く方法を伝授

ブラック企業が話題となる事が多くなっていますが、そんなブラック企業に入ってしまわない様に注意している方もいるでしょう。
そんなブラック企業を見抜く方法を、レオス・キャピタルワークス藤野英人CIOが幾つか述べています。
投資家の中では、ダメな企業…要はブラック企業を見分ける法則なるものがあるそうです。
まず、豪華な新社屋に移転した会社は、その時点が業績のピークか株価のピーク、またはその両方である。
自社ビルだけでなく、話題のビルにテナントとして入居する場合も当てはまる。
理由として、新社屋に達成感を持ってしまい伸びない。建設事業によって資産固定化。資金的負担が大きく付加価値を持たない投資であるとなっています。
社員がヤル気を出してくれるメリットもなく、ウチの会社は安泰、会社にぶら下がっていればよい、と言った考えの社員が増え成長は見込めないとある。
更に、こういった社屋に移る事で、上記の様なヤル気のない新卒新入社員が急増するとなっている。
会社の成長に伴い社員数が増えて移転するのは当然ですが、身の丈にあっているかを見る必要がある。
次に取締役の経歴を確認し、生え抜き幹部が活躍しているかを見る。
そしてもう一つがよく言われている離職率。社員の離職率も最もですが、管理職の離職率が高い程ブラック企業である可能性が高い。
不当なノルマを課せられたり、違法な長時間労働、名ばかり店長などなどが理由となっています。
名ばかり店長とは、残業代をケチるために管理職にすることで、大手飲食でも問題となりました。
そういった事をしていないかを判断するそうです。
一概には言えませんが、これらは当たっていますので、転職や就職前には確認しておきたい。
マークシティやヒカリエ、そして六本木ヒルズ…などなど色々ありましたね…
入居する時は非常に話題となりますが、それ以降は殆ど話題になりません。自分で調べてみると良いでしょう。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました