為替ドル円相場97円に突入し円高に振れる、ダウ平均株価も下落傾向

前回株価下落は大変ではないと言う、山口俊一財務副大臣の見解辺りから一気に円高に振れて、現在1ドル97円台に突入しています。
NYダウ工業平均株価もプラスからマイナスに転じており、下落傾向となっています。
短期間での株価や為替変動は好ましくない筈なのですが…これは結構酷いですね。
本日の21時30分には、アメリカの経済指標で重要視されている雇用統計が発表されますので、この結果によっては更なる円高となる可能性もありますので、注意が必要です。
黒田砲と呼ばれた金融緩和策発表時よりも円高となってしまいましたが、これも調整で大変ではないのでしょうか。
リーマンショックに匹敵するほどの短期間での株価下落、為替相場円高だと思いますが…大丈夫でしょうか。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました