人材不足の職種と、今後人手が足りなくなる職業は?

現在人材不足となっている業界はどこでしょうか?
ただ単に有能な人材がいないと言う事ではなく、もっと深刻な問題が発生している様です。
原発作業員や震災の復旧や復興を行う建築現場作業員が足りないとのこと。
求む!建築作業員 低賃金に若者敬遠、コンビニへ人材流出…人手不足深刻
http://news.livedoor.com/article/detail/7730538/
記事によると、復興復旧作業員の東北や関東だけでなく、関西地方でも建築作業員が人手不足に陥っているとなっています。
大阪労働局による平成24年度の有効求人倍率は、ブロック積み工・タイル工6.46倍に達したほか、とび工5.83倍、鉄筋工4.73倍、求職者1人につき約5件の求人。
総務省調査では、建設業の29歳以下就業者、所謂、若者の就業比率は11.8%、全産業の平均比率17.3%を下回り、55歳以上の比率は32.8%と全産業平均を4pt上回っており高齢化が進んでいる。
理由として低賃金が挙げられており、従業員30人以上の建設業の3月現金給与総額は、前年同月比0.1pt減の90.2と減少している。
では若者は建設作業員ではなく、どの仕事を選んでいるのか?コンビニ店員や運転手に流れたと推測している。
建設業界や物流業界の求人は以下のページを参考に探して見て下さい。
物流業界と建設業界の中途採用求人募集
しかし、一方ではこんな記事もある。
宅配便が届かない!?コンビニから商品が消える!? ドライバー不足が引き起こす「物流2015年危機」
http://diamond.jp/articles/-/36753
国土交通省の調査によると、2015年には14万人のドライバー不足となり、60歳未満の大型免許保有者も減少すると予測されている。
理由はこちらも低賃金で、全産業平均31万5000円に対しドライバーは平均月間収入29万4000円。
建築作業員もドライバーも重労働の割に低賃金の残業多めとなってしまっているが、サービス業はもっと低賃金の長時間労働だったりしますので、他に業界自体に問題がありそうです。
残業が少ない企業の求人情報は以下のページを参考にして見て下さい。
残業なし・少ない会社や月平均30時間程度などの中途求人情報
コンビニ店員に若者が流れているとなっているが、社員であるSVやエリアマネージャーと比較している様には見えませんね。
人手不足で真っ先に挙がる職種と言えば、医師や看護師、そして介護職ですが、そちらとの比較もされていないですね。
逆に飽和状態になっている業界を調査し、皆がどういった職種に就きたいのかを調べないと話になりません。
若者だけでなく、皆が一貫して思っている事は、労働に見合った給料を貰いたい。
公共事業が増加して果たして下請けまで利益が回ってくるか?規制が多くなり、ガソリンなど資源価格に依存していつまでドライバーでいられるか?不安も付きまとう。
ちゃんと問題に踏み込んで改善していかないと、本当に誰もやりませんよ?
若者の方も体力仕事ではなく、人と会わない仕事で、楽に一人で生活できるだけの給料で、責任のないポジンションで、残業もしたくない…などと言う人が急激に増加しています。
建築作業員やドライバーは、ある程度上記に当てはまっていますので、検討して欲しい所。
人手不足と言う事は、下請けだけでなく、直請や本社などが求人募集する場合が多いので、そこを狙いましょう。
正社員など求人情報は以下のページを参考にして見て下さい。
大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
公共事業関連や通販によって需要はある訳ですから、経験を手に入れれば無職になる事はまずありません。
それらを実際に行動に移しているのが、そう女性たちですね。
女性の転職に関しては以下のページを参考にして見て下さい。
女性が働きやすい会社ランキング、日経WOMANの企業の女性活用度調査2015
以前とは違い、建築現場に女性作業員、女性ドライバーなどを見かける場合が多くなっています。
企業側も女性比率を増やすことで助成金を貰ったり、男社会と言うイメージを無くすと言った効果があります。
色々と考えて、今後の人材不足の解消を図って欲しいところですね。
2015年の人手不足業界に関しては以下のページを参照下さい。
人手不足業界ランキング、高齢化や後継者の人材不足で廃業へ