職場でのマタニティ・ハラスメント被害が増加

セクハラよりも多い!?職場で深刻な女子の「マタハラ」被害
http://magazine.gow.asia/life/column_details.php?column_uid=00004193
職場でのマタニティ・ハラスメント被害が深刻な状況となっているそうです。
日本労働組合総連合会の非正規労働センターによると、マタニティ・ハラスメント被害を感じる非正規労働者は25.5%に上り、その内半数が我慢しているとなっています。

マタニティ・ハラスメントとは?

皆さんマタニティ・ハラスメントをご存知でしょうか?
名前の通り、妊娠や出産での嫌がらせ、産休でのトラブルの事を指します。一般的には名前は普及していません。
具体的な例は、以下の通りとなっています。

マタニティ・ハラスメントの事例

●その1:妊娠しても気遣いしてくれない
「特に男性社員は、妊婦への配慮がほとんどありませんでした。以前と変わらず重たいものを持たされたり、ランチ中に目の前でタバコを吸われたり、深夜まで残業をさせられたりと、妊娠した女性への扱いではなかったなと思います」(33歳/IT)
●その2:嫌味ばかり言われる
「妊娠中は嫌味ばかり言われました。『余裕があっていいね』とか『子どもができて羨ましい』とか、言葉の暴力のように感じました。『妊娠したらすぐに休んじゃうから困るんだよね』とも。いくらなんでもひどすぎませんか」(30歳/アパレル)
●その3:派遣切りされる
「妊娠したことが理由だと思いますが、派遣を切られてしまいました。まだ十分働けるのに……。でも派遣だから仕方がないのかなと泣き寝入りするしかなかったです」(32歳/派遣)
●その4:自主退職を促される
「妊娠を告げたところ『妊娠しながらの勤務は大変だと思うよ』などと、やんわりと自主退職を促されました。辞めてほしいんだなと感じました」(30歳/メーカー)
●その5:早退/休みづらい
「出産して職場復帰しましたが、子どもが熱を出しても早退しにくいし、休むと翌日に『何があったの?』『大丈夫なの?』など、しつこく聞かれることに耐えられません」(33歳/営業)
この様になっていますが、マタニティ・ハラスメントは企業側の問題と、従業員側による問題の2つに分類されます。
上記では1、2番以外は企業側の問題となります。
1、2番は特に男性となっていますが、男女関係なく嫌がらせが発生するケースがあります。
3、4、5番は企業側の育児休暇制度や、雇用契約上の問題があるケースが殆どです。

マタニティ・ハラスメントが起こりやすい職場

これらマタニティ・ハラスメントは非正規労働者である派遣社員や契約社員などで良くトラブルになりやすい。
なぜ私はこんなに詳しいか?あったんですよ、一度ではなく何度も…
私の部署ではなく他部署のトラブルでしたが、裁判直前までいった例もあります。
酷い社員や企業と言うのは本当に存在しており、企業と言うよりも部署ごとの雇用契約のかわし方に問題が生じています。要は派遣や契約社員に対しての扱いが酷すぎるのが原因です。
当初の説明では育児産休制度完備ですが、実際に妊娠を報告すると解雇される。断ると嫌がらせが始まり、自主退職に追い込むのがパターン。
絶対に口頭での口約束ではなく、文書による雇用契約書を用意してもらうのは基本中の基本。
派遣ではなく転職エージェントによる転職支援サービスと言うのも手です。
転職エージェントに関しては以下のページを参考に。
転職エージェントによる転職支援サービスや人材紹介サイトの特徴と比較一覧
そういった事を平然と行う人が居る企業ではトラブルになれており、それ専門の弁護士を用意している場合もあるので注意。
しかし、被害者側に更に上手の弁護士が付いたケースも見てきた…結構笑えたが、笑ごとではないですね…
妊娠出産による育児産休制度は、必ず文書で用意してもらいましょう。
と言うよりも、働くさいの雇用契約書は貰う事を覚えておきましょう。
いやぁ、うちはそんな用紙は皆に渡してないんですよぉ〜…こんな企業には行かない方が良いでしょう。必ずトラブルになる。

タイトルとURLをコピーしました