2014年3月新卒予定者の就職内定率が大幅改善

大学生就職内定率が大幅改善 5月で39・3%
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013053001001698.html
リクナビ運営のリクルートキャリアの発表によると、2014年3月新卒予定者の就職内定率が大幅に改善されているそうです。
今年の就活は4月から開始されていますが、5月1日時点で前年同時期より8.6ポイント上昇の39.3%。
文系9.6ポイント増の36.7%で、理系6.8ポイント増の45.1%となっています。
企業側は期間が短縮されていますので、内定を出すタイミングを早めています。
学生側も期間短縮によって、これまでの様にダラダラするのではなく、サッと決めている。
大幅に改善ではなく、就活期間短縮の影響なので最終的な内定率は変わらないと思う。
しかし、学生側の意識も大企業一辺倒ではなくなっているので、これは良いですね。
今後新卒採用ではなく、中途採用を重要視する企業が増加する傾向ですので、ある程度の経験者になることが非常に重要になってきます。
新卒時に大企業に入社出来なければ人生終わりと考えている人は、改めなければなりません。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました