景気判断2ヶ月ぶり上方修正、甘利明経済再生担当相が報告

5月の景気判断が、4月の一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きが見られるから緩やかに持ち直していると上方修正されました。
甘利明経済再生担当相の月例経済報告で、輸出関連の改善、消費増加、企業設備投資も改善傾向、GDPもV字回復が要因としています。
今後の課題としては、現場マイナスである設備投資をプラスへ押し上げる事としています。
次は良い報告をしたいと景気判断に慎重な感じでしたが、意外と早かったですね。
これは夏前辺りから中途採用が増加すると見られ、雇用もある程度確保する企業があると予測。
転職市場も賑わいそうで、チェックしておきましょうね。
リクナビネクスト
大手から有名中小企業まで結構多くの求人募集が出てきています。

タイトルとURLをコピーしました