2013年新卒就職率上昇、文部科学省と厚生労働省が発表、高卒も過去最高水準

文部科学省と厚生労働省が、2013年新卒就職率を発表し、2年連続で上昇している事が分かりました。
大学(学部)で93.9%の0.3ポイント増、短期大学は94.7%の5.2ポイント増、大学全体で94.3%の0.7ポイント増、専修学校含めると94.3%の0.8ポイント増。高専は以前と変わらず100%。
男女別の就職率は、男子93.2%の1.3ポイント減、女子94.7%の2.1ポイント増。
国公立大学で男子94.5%、女子96.0%、私立大学で、男子92.8%、女子94.2%。
文系・理系別の就職率は、文系93.4%の0.1ポイント増、理系96.2%の1.6ポイント増。
2年連続で増えた!となっていますが、そこまで増えてませんし、男子の就職率は減少しています。
日本は女性の社会進出が遅れていると言ったそばから、これですからちょっと笑える。まぁ補助金とかでますからね。
一方、2013年高卒就職率も発表されており、こちらも95.8%の1ポイント上昇で過去最高水準となっています。
就職を希望した高校生は19万1000人、3月末時点で就職先が決まったのは18万3000人。
都道府県別就職率最も高いのは、福井99.7%、富山99.6%、石川99.3%。最も低いのは沖縄85.1%、和歌山89.9%、兵庫92.1%。
復興需要となった宮城と福島が98.5%、岩手97.9%。
これを見ても分かるとおり、高卒でも大卒でも就職率は殆ど変わりません。むしろ2年間、4年間先に就職する分、社会人としての意識は高そうですね。
しかし、現実的に高卒と大卒の初任給は差がありますので、今後これらも解消するかどうか。
と言っても、先に社会に出ている分の経験や実績、そして技術などを評価してくれる企業へ転職することで、その差を埋める、もしくは超す事は可能。
もっとも最初の会社が、そういった評価をしてくれることが望ましい。
就職率が高くなった事は良いとは思いますが、新卒の皆さんもご存知の通り3年以内で新卒は退職してしまいます。
誰しも陥る可能性がありますので、転職の準備は整えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました