シャープ奥田隆司社長が会長へ、高橋興三副社長が社長に就任、片山幹雄会長は退任

業績回復が急務の電機メーカーシャープですが、奥田隆司社長が代表権のない会長、高橋興三副社長が社長に就任、片山幹雄会長が退任する人事を発表しました。
奥田隆司氏の経営再建計画が遅れている事が原因で、片山幹雄会長は巨額赤字の原因となった液晶拡大経営の責任を取る形。この時点で遅いですよね。
どうやら、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行から新役員を受け入れるようで、これは大丈夫そうですね。
ただ、つまらないメーカーになる可能性もあるが、それは仕方ない。まずは経営基盤を安定させる事が先決。
バスバス事業も社員も切られる可能性も否定できない。注目です。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました